何が違うの?エンジンに使える液状ガスケットを比較

ゴムパッキンや紙ガスケットと併用して漏れを防いだり、単体で使用するよう指示されることもある液状ガスケット(整備士は液体ガスケットと呼ぶことも)。
一口に液状ガスケット(以下液ガス)と言っても、実際には目的や性能によって膨大な種類があります。
今回は、バイクのエンジンに使用できる種類に絞って、それぞれを比較していきます。

液状ガスケットの分類

まずは液ガスがどのように分類されているか、簡単にみておきます。
一番大きな分類としては、「有機溶剤タイプ」「無溶剤タイプ」「水性タイプ」の3つに分けられ、無溶剤タイプの中でも、「シリコン系」と呼ばれる物が、エンジンに一般的に使われます。

シリコン系は空気中の湿気に反応して硬化するのですが、その硬化機構によってさらに下記の3つに分類されます。

硬化機構特徴
脱オキシム型各種材料との接着性が良好。
銅・銅合金を腐食させる場合がある。
脱アセトン型硬化が早く、保存性、作業性、密封耐熱性に優れる。
脱アルコール型接着性にやや劣るが、金属やプラスチックに影響がない。

シール対象となる液体によっても、数多くの商品が用意されています。
つまり、エンジンオイル、冷却水、ギヤオイル、ガソリンに対する耐薬品性が商品ごとに定められています。
ガソリンは少し特殊で、大抵「耐ガソリン性」と明記された有機溶剤タイプが使用されます。

シール対象ごとの適した液体ガスケット

それでは実際にどういった商品があるのか、モノタロウで入手可能な物を中心に紹介していきます。
価格は投稿日時点でのモノタロウでの価格で、品番にはモノタロウへのリンクを貼っています。

エンジンオイルと冷却水に耐性がある商品

全てシリコン系無溶剤タイプです。

メーカー品番内容量
(g)
税抜価格
[100g当たり]
(円)
反応形態見掛け粘度
(Pa・s)
取り外し性特徴
モノタロウMG1031502,690
[1,793]
脱オキシム肉盛性○
スリーボンド1207B1002,290
[2,290]
脱アセトン100×速乾、肉盛性○
スリーボンド1207C1503,990
[2,660]
赤褐色脱アセトン70速乾、肉盛性○
スリーボンド1207D1504,090
[2,727]
アルミ脱アセトン70↑1207Cの色違い、速乾、肉盛性○
スリーボンド1207F1503,790
[2,526]
アルミ脱アセトン180高粘度
スリーボンド1217F
[-]
脱オキシム210高粘度
パーマテックス97380
ウルトラグレー
992,190
[2,212]
肉盛性○

コスパに優れるのはモノタロウですね。
1207Bはトヨタ系、1207Cは日産系によく使用されるらしいです。

エンジンオイルとギヤオイルに耐性がある商品

全てシリコン系無溶剤タイプです。

メーカー品番内容量
(g)
税抜価格
[100g当たり]
(円)
反応形態見掛け粘度
(Pa・s)
取り外し性特徴
スリーボンド12152501,990
[796]
脱オキシム20低粘度
スリーボンド12161203,790
[3,158]
脱オキシム120

冷却水が関係ない場所なら、1215が最もコスパが高く汎用性がありそう。

エンジンオイルのみに耐性がある商品

全てシリコン系無溶剤タイプです。

メーカー品番内容量
(g)
税抜価格
[100g当たり]
(円)
反応形態見掛け粘度
(Pa・s)
取り外し性特徴
スリーボンド12111001,790
[1,790]
脱オキシム低粘度
スリーボンド1211F100
[-]
透明脱オキシム↑1211の色違い、低粘度
スリーボンド12121001,790
[1,790]
脱オキシム100↑1211の高粘度タイプ

ガソリンに耐性がある商品

メーカー品番内容量
(g)
税抜価格
[100g当たり]
(円)
硬化形態粘度
(Pa・s)
取り外し性特徴
スリーボンド11022001,790
[895]
不乾性7.0×耐油性○
スリーボンド1119
[-]
黒・白二液混合
(脱アルコール)
150・260ゴム状に硬化、耐油性○
スリーボンド11842001,990
[995]
溶剤揮発9.5ゴム状に硬化、耐油性○
パーマテックス9737859ml2,390不乾性低粘度、オイル・冷却水にも○
パーマテックス97374
モトシール1
802,390
[2,988]
オイル・冷却水にも○

スリーボンド製は量が多いのですが、クランクケースなどと違って使用頻度も量も少ないので、デイトナやキジマから販売されている数gのチューブがいいかもしれません。
ちなみに2ストローク車はクランクケースで混合気の一時圧縮を行うので、クランクケース合わせ面には、耐ガソリン性の液ガスを使いましょう。

耐熱性が高い商品

メーカー品番内容量
(g)
税抜価格
[100g当たり]
(円)
硬化形態耐熱温度
(℃)
粘度
(Pa・s)
取り外し性特徴
スリーボンド1107D
[-]
不乾性40025.0
スリーボンド1109J
[-]
溶剤揮発400ペースト×
パーマテックスPTX81878
ウルトラカッパー
851,890
[2,224]
371速乾

「ウルトラカッパー」は、人気で入手性も良好です。


今回はスリーボンド製を中心に一部を紹介しました。
それでもこれだけ種類があるので奥が深いですよね~。
サービスマニュアルでは、スリーボンド製の品番が指示されていることが多いので、その時は「どれでも一緒だろう」と思わず、できるだけ指示通りの液ガスを使用することをおすすめします!