【リーク情報】2022年の1290 SUPER DUKE Rは電サスが付いてEVOに!?

次期1290SDRを予約中のじゅんぺーです。
写真や公式情報がない中で決めたので、スパイショットやリーク情報がないか毎日のようにググったりSNSをチェックしたりしてます🤓

今日もそんなルーティーンをこなしていると、とうとう出てきた気になるタイトル!🔥

A KTM 1290 Super Duke R EVO Is Coming to the USA for $19,600

Asphalt & Rubber

えーー!「1290 SUPER DUKE R EVO」!?
これは予想外のモデル名。
かっこいいじゃん😍
20〜21年モデルとは明らかに違うぞって意気込みが伝わってきますね。

主な注目ポイントは

  • 来年1月にアメリカで$19,600で発売→単純に換算すると225万円ぐらい。
  • 新たなカラーとグラフィック→青か?
  • WPの前後セミアクティブサスペンションを採用→ADVと同タイプか?
  • 「サスペンションプロ」パッケージで前後のダンピングとアンチダイブ機能を個別に調整可能→パッケージなしだとオートorプリセット固定か?
  • クイックターンスロットル(65ツイスト)の採用→ハイスロのことか?

現行モデルでは、クイックシフターとかトラコンがまとまった「テックパック」が約13万円のオプションなので、それを加えると実質238万円。
サスペンションパックの価格次第ですが、フルパッケージで250万円前後になりそうですね。

予想コラも載ってました。
細部が不自然だし電サスになってないので恐らくCGかと。

青とオレンジの組み合わせも好きだけど、白タンクもRC8Rっぽくていいなぁ〜。

実は予約する決め手が電サス採用という裏情報だったので、そこは納得というか一安心。
カラーについてはどのみちデカールを貼るつもりなのであまり気にしてません(サブフレームは白がよかったけど)。
一番アガったのはモデル名ですね!🤣👍

今回のソースはあくまでリーク情報なので、信じるか信じないかはあなた次第。
さらなる追加情報が出るかもだし、モデル名も実際EVOが付かないかも?

引き続き次期BEASTに関する情報を収集していくので、よかったらTwitterもフォローしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です