【1290SDR EVO】とうとう日本でも正式発表!電サスの詳細をチェック

出典:ktm.com

自宅引っ越しのドタバタで出遅れましたが、2月17日にとうとうKTM Japan(以下Japan)からも2022年モデル、1290 SUPER DUKE R EVOが発表されました!
詳細をチェックしていきます。

MY2022ストリートモデル(NAKED、SPORTS TOURER)を発売 – KTM Japan

EVOの車両本体は250万円

Japanからの発表を待ちわびた一番の理由は、やっぱり価格。
12月の記事で、過去の傾向から250万円と予想していましたが、まさに2,499,000円でした!
無印SDRは2,280,000円と、219,000円の差があります。

ほとんどの人が、全ての電子デバイスがパッケージングされた「テックパック」をオプション追加するでしょうから、実質的な車両価格は、+158,024円の2,657,024円になります💸

電子制御サスペンションの仕様が明確に

新モデルの目玉である電子制御サスペンションについては、今まで海外サイトの翻訳をベースに理解してきたので、正直どういった仕様か断言できない部分がありました。
今回日本サイトで明確に表記されたことで、おおよその答え合わせができました。

出典 : Motorcycle.com

ダンピングモードは、COMFORT、STREET、SPORTの3種類を標準装備しています。さらに、リアサスペンションのスプリングプリロードは、ライダーの要求に応じて0%から100%までの11段階で最大20mmの調整が可能です。

また、オプションのSUSPENSION PROパッケージでは、標準のサスペンション設定に加え、TRACK、ADVANCED、AUTOの3つのダンピングモードが追加され、さらにLOW、STANDARD、HIGHの3つのプリロード自動調整機能やアンチダイブ機能を備えています。

KTM Japan

分かりやすいように表にまとめてみました。

サスペンション
Pro無し
サスペンション
Pro有り
ダンパー
・COMFORT
・STREET
・SPORT
ダンパー
・TRACK
・ADVANCED
・AUTO
×
Rプリロード
手動調整
(0%~100%の11段階)
Rプリロード
自動調整
(LOW、STANDARD、HIGH)
×
アンチダイブ×

ダンパーは「TRACK」が最もハードで、「ADVANCED」が、手動で微調整ができるモードかと思われます。

興味深いのは、「AUTO」モード。
自動プリロードについては、2020年頃からBMWでもよく採用されていますが、自動ダンパーはハイエンドな装備ですね。
他車では、aprilia RSV4のオーリンズ製Smart EC 2.0が、3段階の介入度から選べるセミアクティブモードを備えています(3種類のマップのマニュアルモードもあり)。

IMUやストロークセンサーから演算して瞬時に変更してくれるんでしょうね。すごい。
お任せで随時最適化されるのはストリートではかなりありがたいです。
これに電子制御ステアリングダンパーなんかも付くと、価格がまた上がっちゃうので、ストリート向けとしては十分すぎる装備だと思います。

無印とEVOの違い

Japanの過去の傾向からして、日本導入はEVOのみかと思っていました。
選択肢があるのは嬉しいことです。
両者の違いを表にまとめてみました。

1290SDR1290SDR EVO
車両価格2,280,000円2,499,000円
(+219,000円 )
テックパック価格128,290円158,024円
(+29,734円)
車両+テックパック2,408,290円2,657,024円
+248,734円
サスペンション調整機械式(手動)電子制御(手動・自動)
カラーブルー×ブラックブルー×ブラック
シルバー×オレンジ

一番の違いはもちろん電子制御サスペンション。
無印にはオプションのサスペンションProもないので、テックパックも3万円程安くなり、車両+テックパックの実質車両価格は、約25万円違います

もうひとつ大きな違いとして、なんと無印にはオレンジがありません。
逆に言うと、オレンジを見かけたらそれはEVOです!!
これは一種のステータスになりそう。
そして気付く人は極々一部です笑

あとがき

ところで、本国(KTM UK)でEVOが発表されたのは、去年の11月17日。
そして今回日本では、ちょうど3か月後に発表されました。
もしかしたらこのスパンは、今後もローンチスケジュールの目安になるかもしれませんね🤔

【1290SDR EVO】サスペンションProの価格が明らかに!

いまだ日本での車両価格は発表されていない1290 SUPER DUKE R EVOですが、パワーパーツ(純正オプション)はひと足早くチェックできるようになっています。
EVOで新たに導入されたサスペンションProについても新情報が見つかりました。

サスペンションProは意外と安かった!

前回の記事では、テックパックとサスペンションProをどちらもインストールすると15~20万円程になると予想しており、個人的にはテックパックが15万円、サスペンションProが5万円で20万円が妥当と踏んでいました。

しかし公開されたパワーパーツリストを見てみると…

ktm.com

なんと!サスペンションProはテックパックに含まれており、価格は158,024円
嬉しい誤算です😍

テックパックには、トラックパックはもちろん、個別に提供されているクイックシフター、MSR、アダプティブブレーキライトも含まれているので、これだけで全ての電子制御が解放されます🔥
ちなみにサスペンションPro単体での提供はないようなので、逆にサス以外はいらないという人でも、必ずパックで買う必要があります。

車両価格は250万円の予想なので、テックパックを加えると266万円に!
例え数万円でも安くなるのは大歓迎です笑

1290 SUPER DUKE R EVOの価格と日本導入カラーを考察

1290SDR EVOがKTM UKから発表されてしばらく経ちましたが、KTM Japanの公式サイトでは相変わらず未公開となっています↓🤯

そこで今回は、ネット上の情報や風の噂から、EVOの日本導入カラー、価格、発売時期を考察したいと思います。

日本導入カラー

発表されているEVOのカラーは2色。
11月の投稿では、日本導入はどちらか一色、個人的にはオレンジじゃないかと予想していましたが、どうやらどちらも導入される可能性が高そうです!🔥

ktm.com

しかも、EVOではない無印1290SDRも継続されるっぽい話も。
電子制御サスペンションはいらないという人には嬉しいですね。

価格

近年輸入車の価格は、材料費や輸送費の高騰などで毎年数%ずつ上がってきています。
おそらく来年モデルも価格上昇は避けられないでしょうね😭
現行のMY21は車両価格が219万円だったので、過去数年の傾向から予想するに、無印は230万円弱まで値上げされるかと思います。

肝心のEVOは、過去のモデルから考察してみます。
790 ADVENTUREは、無印が156.3万円、フルアジャスタブルのサスが付いたRが162.6万円で、約4%アップ。
890 DUKEは、無印が126.9万円、サスとブレーキがハイエンドなRが146.9万円で、約16%アップ。
今回のEVOは、元々フルアジャスタブルな無印が電子制御になっただけなので、890程の差はないと考え、1割増の250万円程じゃないかと予想します。

しかし問題は、KTMの場合これだけでは済まないというところ。
例のごとく、トラコンやクイックシフターは、オプションの「テックパック」をインストールしないと機能しないと思われます。
さらに今回は、電子制御サスの全機能を開放するには、「サスペンションPro」をインストールする必要がありそうで、どちらも追加するとおそらく15~20万円。
つまり実質265~270万円ってことに💸

対抗馬と比較

1290SDRの対抗馬である、BMW S1000R、Ducati Streetfighter V4(以下SF V4)と装備を含めて価格を比較してみます。

モデル価格FサスRサスFブレーキホイール
1290SDR
EVO
265~
270
WP
最新電制
WP
最新電制
ブレンボ
Stylema
鋳造
S1000R198.7電制電制鋳造
S1000R
Mパッケージ
235電制電制鍛造
SF V4249.5ショーワ
非電制
ザックス
非電制
ブレンボ
Stylema
鋳造
SF V4S287.9オーリンズ
最新電制
オーリンズ
最新電制
ブレンボ
Stylema
マルケジーニ
鍛造

こうしてみるとSF V4とSF V4Sの間をとった丁度いいバランスにも見えますが、SFにはDucatiというネームバリューが付いているので、さすがにKTMにしては高くなりすぎでは…と思ってしまいます🤔
というかS1000R無印安すぎ問題笑

発売時期

これは各所で言われているように、来春の3~4月頃が有力のようです。
ただし、車両は届いているのに登録のための書類が届かない、というパターンも過去報告されているので、ゆとりを持って計画しましょう!

ちなみに私は、もし2色導入ならオレンジを注文して外装を黒にしちゃおうかとニヤニヤしてます🤙

※今回の内容は、ネット上の情報などを元にした個人的考察です。正しい情報は公式発表を待ちましょう!

1290 SUPER DUKE R EVO正式発表!

出典 : Motorcycle.com

昨日情報更新したばかりですが…とうとうEVOが正式発表されました!!😍
KTM (本国)の公式サイトや各SNS、プレスで一斉にリリースされています。

KTM 公式サイト

今回は発表された情報を、ざっくりとまとめていきたいと思います。

プロモーションビデオをチェック

まずはYouTubeに公開されたプロモーションビデオをご覧ください。

いや、カッコよすぎんか?
KTMのビデオはいつもテンションぶち上げで痺れます🤯

今回のキャッチコピーは「THE BEAST EVOLVED」、直訳すると「野獣は進化した」って感じですかね。

インパネには、今までなかった「Suspension」の項目が追加され、その中には「Damping」「Preload」「Anti dive」の3つの設定が表示されています。

公式画像をチェック

今回「1290 SUPER DUKE R」と「1290 SUPER DUKE R EVO」が同時発表されました。

ktm.com

意外なことにRとEVOはサスペンション以外の見た目は全く同じ。
リーク画像を見た時、フロントフォークが電子制御じゃないからコラでは?と疑っていましたが、Rそのままの画像だったみたいですね。
プロテクションリングのブルーがアクセントになってカッコいい!

出典 : ktm.com

グラフィックもリーク画像通りのスタイルでした。
プロトタイプっぽくて案外悪くないかも、と思えてきました😁

公式情報をチェック

公式サイトの解説文とプレス向けの情報を元に、今までの情報の裏付けていきます。
より細かいプレス情報はこちらのサイトで。

2022 KTM 1290 Super Duke R EVO First Look – Motorcycle.com

セミアクティブサスペンション(前後サス)

まず主要諸元には、フロントが「WP Semi-active Suspension USD Ø 48 mm (GEN.2)」、リアが「WP Semi-active Rear Shock (GEN.2)」と表記されています。
恐らく現行の1290 SUPER ADVENTURE Sに搭載されている物と同等か、それ以上の機能かと。
ストローク量やディメンションは変更なし。

With its ability to adapt to the road conditions and rider inputs, the KTM 1290 SUPER DUKE R EVO’s new WP Semi-Active Technology (SAT) transforms this BEAST from a stone-cold hunter to a calculated apex predator. As the most advanced suspension system on the market, the WP SAT features newly developed electronically controlled magnetic valves for variable damping, providing a wide range of adjustability from maximum street comfort to extreme track-ready stiffness.

ktm.com
  • WPセミアクティブテクノロジー(SAT)は市場で最も先進的なシステム
  • 可変減衰用の新開発の電子制御磁気バルブを備える
  • ストリートの快適性からサーキットまで対応する幅広い調整機能

フロントフォーク

48mm WP APEX forks feature Electronically controlled damping that feels more conventional and less intrusive. This was achieved by using Pulse Width Modulation stroke sensors which offer finer and more responsive stroke signals and a faster responding SAT valve. The end result? Seamless suspension adjustment with the rider left to simply get on with the job of riding.

ktm.com
  • より細かく応答性の高いストローク信号と、より高速に応答するSATバルブを提供する、パルス幅変調ストロークセンサーを使用
  • アンチダイブ機能はサスペンションPro(オプション)で使用可能

ショックアブソーバー(リアサス)

Combined with SUSPENSION PRO. the shock absorber features an all-new automatic preload adjuster which uses a stroke sensor that enables the SAT system to recognize how much load there is on the motorcycle, effecting an automatic preload of the spring for perfect balance geometry and sag. These can be adjusted via three modes – LOW, STANDARD, HIGH. Alternatively the rider can adjust between 0% and 100% in increments of 10%. All settings for the suspension can be performed via the dashboard and the modes/settings are indicated on the TFT screen.

ktm.com
  • 自動プリロードアジャスターはサスペンションPro(オプション)で使用可能
  • Low、Standard、Highの3つのモードから選択
  • 0%から100%まで10%刻みでの調整も可能。10%は2mmで最大20mm。

サスペンションPRO

SUSPENSION PRO allows riders to select three additional suspension settings, namely TRACK, AUTO, and ADVANCED, whereby riders can achieve ultimate TRACK settings, ask the machine to automatically adjust the suspension based on their current riding situation, or deep-dive into the ADVANCED settings for suspension fine-tuning.

ktm.com
  • Track、Auto、Advancedの3つのモードから選択可能
  • Autoではライディング状況に基づいて自動調整
  • Advancedでは手動でさらなる微調整が可能。フォークとショックのダンパーはそれぞれ8段階。

クイックターンスロットル

A new quick turn throttle twist grip has been added to the KTM 1290 SUPER DUKE R EVO’s arsenal. With the twist-action reduced by 7 degrees, this R&D-developed solution not only offers faster and more responsive throttle input but also reduces the rider wrist angle and elbow drop at full-throttle. This is paired with buttery-smooth ride by wire which electronically translates the throttle commands of the rider into the best throttle valve positions for the current riding situation. Choking, jolting and involuntary wheelies are a thing of the past. Voluntary ones, however, could easily be a thing of your future

ktm.com
  • ツイストアクションが7°減少=ハイスロ
  • RとEVOどちらにも採用

パワーパーツがカッコよすぎる!

前述のmotorcycle.comにパワーパーツ装着画像が掲載されていたので、いくつか引用します🤤

出典 : Motorcycle.com
出典 : Motorcycle.com

あとがき

情報の限りでは、EVOはオプションなしでもある程度のダンパー調整と3段階のプリロード調整は可能なものの、細かくセッティングしたり、自動プリロードを使用する場合にはオプションのサスペンションProを追加する必要があるみたいですね。
Adventureも同じ様なオプション展開ですし。

気になる価格ですが、前回の記事の通りサスの部品価格としては大差ないので、Rからプラスされるのは実質ソフトウェア価格ということになります。
日本での車両本体の価格がどうなるか分かりませんが、フルパッケージ(テックパック&サスペンションPro)で250万円を切ると予想します!😤
そうあってくれ笑

2022年式1290 SUPER DUKE R EVOの新情報入手!噂通りオレンジホイール獲得!

EVOの情報を毎日各所で漁りまくってるじゅんぺーです🤙
本日新情報を入手しました!

モデル名は「1290 SUPER DUKE R EVO」で確定

まず前回の投稿で、リーク元にならって表記していた新型モデル名「1290 SUPER DUKE R EVO」については、どうやら間違いないようです。
今回入手したKTM公式のモデルリストで、それが明らかになりました。

「R」と別ラインで「R EVO」が追加されています😳
Rの22年モデルも載っているので、世界的には継続されるようですが、「JP(日本向け)」仕様が載っていないので、日本ではEVO一本に絞られる可能性が高いです。

カラーは「ブラック×ブルー」or「オレンジ×シルバー」

カラーについては、ブラックとオレンジが併記されています。
21年も同じ書き方で、結局オレンジのみが日本に導入されたので、今回もどちらか一方に絞られるかも。
20年にブラックで3.0がデビューして、21年にはオレンジに変更されたので、またブラックに戻りそうな気もしますが、21年モデルの売れ行きが好調らしいので、個人的にはオレンジを継続する可能性が高いんじゃないかと思います。

後述しますが、パーツリスト内のフューエルタンクに、ブラックには「atlantic blue」、オレンジには「silver」の表記があったので、リーク画像に近い配色になる可能性が高そうですね。

Asphalt & Rubber

パーツリストを比較

R MY21とEVO MY22のパーツリストを比較しながら、気になるポイントをピックアップしていきます。

サスペンション

WP製の電子制御サスペンションが採用されるという情報通り、イラストでも明らかな違いがあります🥰
品番を比べると、アウターチューブ、インナーチューブは変更なしで、内部部品が大きく変わっているようです。
フォークの価格は左右で約27万円と、なぜかRと同一。

トリプルクランプは変更なしなので、RRのような削り出しオレンジアルマイトにするにはPP(パワーパーツ)が必要ですね💸
ステアリングダンパーも変更なし。

リアのショックアブソーバーは、よりすごいことになってます。
ハイエンドモデルで主流の、ダンパーが電子制御で瞬時に変更できて、プリロードもモーターで調整できるやつですね。
ユニットの価格はRの約19万円に対して約22万円とさほど変わらず。
リンク周りは変更なし。

外装

フューエルタンクの名称に、ブラックは「fuel tank atlantic blue SD-R 2」、オレンジは「Fuel tank, silver, SD-R 22」と表記されています。
アトランティックブルー…??🤔
Rのオレンジでは「Fuel tank New Blue SD-R 20」だったので、新色であることは明らかで、リーク画像通り新型RC390の様な色かも。

カウル類は、イラストはそのままに品番がほとんど変更されています。

ホイール

前後とも品番が変わり「オレンジ」の表記あり!
17年モデル以来のオレンジホイール復活です😍

ちなみに価格は、Rと同じくフロント約9.3万円、リア約10.5万円。
アクスルシャフトやハブなど、ホイール周辺は変更なしなので、Rにもオレンジホイールを流用できますよ。

フレーム

メインフレーム、サブフレーム共に品番が変わっています。
イラストは同様なので色が変わる可能性がありますね。
サブフレームにはブラックと表記があります。
スイングアームは変更なし。

スロットル

イラストはR同様ですが、リーク情報の「クイックターンスロットル(65ツイスト)」の通り、品番と名称が変わっています。
Rでは「Ride-by-wire without throttle」だった名称が「Quick turn throttle twist grip」に。
やはりハイスロということなのか?🤔
ハンドル周りは他に変更はなさそうです。

ブレーキ

前後共、マスター&キャリパー変更なしです。

マフラー

サイレンサーは変更なしですが、触媒の品番がわずかに変わっています。

電装

インパネやヘッドライト、ウィンカーなど全て変更なしです。

エンジン

主要部品を比較しましたが、エンジン内部に機械的な変更はありませんでした。
ECUも変更がないので、エンジン性能はそのままかと。
ラジエーターコアにわずかな品番変更があったので、改良されてるかもしれません。

ほぼリーク情報通り!

装備やカラーなど、ほぼ前回の情報通りになりそうです。
パーツリストではグラフィックが確認できなかったので、そこがリーク画像通りになるかどうか…。
個人的にあまり好みのグラフィックじゃないので、剥げるようにしてほしいところですが、パーツとして載っていないということは、R同様デカールの上にクリアが吹かれているでしょうね😇

今回一番アツかったのは、オレンジホイール!
17年モデルに乗っているときもお気に入りポイントでした🥰
さあ次は公式画像を待ちたいと思います!